2016年05月13日

連覇へ挑戦!

 5月8日(日)長崎県立総合体育館武道場にて国際武道連盟日本空手道誠勇館総本部主催『第11回長崎県ジュニア空手道選手権大会』が行われ、県内外より130名のジュニア空手拳士が集結し技を競い合いました。

興気塾K−4クラスより7名の塾生がそれぞれの目標を持ち挑戦してきました。

幼年部に出場したこはるちゃん。よくがんばったね!1回戦で敗れはしたもののしっかり戦いました。次も頑張ろう!

小学3年の部には、こはるちゃんのおにいちゃん翔大が出場。今までの大会ではまだ勝ち星がなく、家族みんなでまず1勝する事を目標に練習し挑戦しました。土曜の稽古後『明日は絶対勝ちます!』と私に伝えてくれました。がんばれっ!! そして緊張の1回戦。初めから終わりまで力の限り技をだしその言葉どおり戦ってくれました。判定にて勝利!!この喜びを忘れずに。
 
小学4年の部には太一が出場。上位に入り込む事はできませんでしたが、相手の動きを見て動く事と、技を出されても自分のペースを崩さない事が出来ました。突きから蹴りへのコンビネーションを練習して行きましょう。

小学5年の部には、歩夢が出場。怪我をして十分な練習ができず、試合でも思うように体が動かない中、自分ができる精一杯の技をだし戦いました。2回戦で敗れはしたものの気持ちは成長したと思います。ここからが勝負です!頑張れ!!


小学2年の部には大翔と優翔が出場、大翔は連覇がかかるこの大会良い動きで勝ち上がりましたが準決勝で敗退、悔しい第3位入賞!前に出る踏み込みを練習して行きましょう。そして優翔、前回の大会で結果を出し、頑張る楽しさを覚え今回の大会につなげ決勝戦に進出!前に出る気持ちと動きが良かった。特に決勝戦では技ありを取られた後、気持ちを落さずに攻める事が出来たのは素晴らしいですね。結果は準優勝おめでとう!!

小学6年の部には、幼年、1年、3年、4年、5年(2年生の時は不参加)と本大会で優勝している武尊が4連覇と6度目の優勝に挑戦!心・技・体とも充実した戦いで決勝戦進出!何度も決勝戦で対しているライバル対決を再延長の末制し優勝!ベストファイト賞受賞!そして本大会4連覇!6度目の優勝!!

素晴らしい結果を残してくれました。おめでとう!


kentaikai2016

最後になりましたが、福館長をはじめ誠勇館の皆様、大会スタッフの皆様大変お世話になりました。長崎県の空手道を牽引していただきまた挑戦させていただく事で興気塾は成長させていただいております。来年も是非挑戦させていただきたいと思います。ありがとうございました。

優翔のお父さんに写真をいただいたのでもう一枚!

県大会2016
posted by koukick at 13:20 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
vm2n